HOMEすべての記事ラクトフェリンの効果ラクトフェリンの膝の痛みへの働きについて

ラクトフェリンの膝の痛みへの働きについて

ラクトフェリンの膝の痛みへの働きについて

ラクトフェリンを摂取することで膝の痛みに悩まされている人も解消される可能性があります。痛みが生じてしまっている原因として主なものに二つありますが、どちらに対しても良い効果が期待できるので摂取をしてみると良いでしょう。

膝の痛みの二つの原因

膝の痛みに悩まされる人の痛みの原因には大別すると二つあります。
一つは変形性関節症であり、加齢と共にすり減ってしまった軟骨を十分に再生できなくなってしまい、関節で骨と骨がぶつかり合う状況になってしまうものです。その骨が周辺の組織に接触することで炎症が起こり、痛みを生じるようになります。

もう一つは関節リウマチであり、免疫系の異常により生じるものとされています。
自分の組織を外的として免疫系が認識してしまうことで炎症が起こるのが痛みの原因であり、その進行状況によって関節の変形も伴うのが特徴です。どちらの場合にも痛みの原因は炎症であるのが特徴であると知っておくとラクトフェリンの効果がわかります。

炎症を抑えることで痛みの軽減

9--29

ラクトフェリンの効果として炎症を抑えることが知られています
免疫系の働きを調節することを介して適切なレベルで炎症が起こるように働きかけられるのがラクトフェリンの特徴です。

特に痛みの原因となる生体内物質であるサイトカインの量が減ることが知られているため、痛みの軽減に対して効果的に働きかけられるでしょう。
また、サイトカインは炎症を増幅させるための生体内シグナルとしても用いられているため、炎症の広がりによって起こりやすくなる関節リウマチによる関節の変形に対する予防効果も期待できます。

これに加えてラクトフェリンは活性酸素の生成抑制効果もあるため、活性酸素による炎症の増幅を予防することができるのです。

軟骨形成を促す効果

ラクトフェリンには軟骨形成を促す効果があることもわかっています。
軟骨を作るためにはもとになる細胞を作り出す必要がありますが、軟骨への分化誘導を促せる効果が示されているのがラクトフェリンです。

特に加齢によって新陳代謝が低下していると新しく軟骨になる細胞を分裂させて誘導する過程が滞っている場合があるため、ラクトフェリンの摂取によって軟骨形成が促進される可能性が高いでしょう。

軟骨ができることでクッションとしての役割を果たし、膝の痛みの原因になる骨と組織の接触を防げるようになります。こういった働きによって変形性関節症の改善にも寄与してくれるのです。

おすすめのラクトフェリンサプリについて
普段の生活を劇的に改善するというのは難しいものです。
飲食制限をかけるのも限度がありますし、忙しくてなかなか運動する時間がとれなかったりする人も多いですよね。
そこで、効果的にラクトフェリンを摂り入れられる人気サプリメントをご紹介します。
  • 健康とダイエットにこだわりたい人におすすめ

    プレミアムスリムビオ

    プレミアムスリムビオ

    • 進化した乳酸菌で理想のダイエットをサポート!
    • 腸まで届く乳酸菌+茶カテキンのダブルパワー
    • 女性向け雑誌でも紹介された注目のサプリ
    定期初回定期購入定期制限
    980円(税抜)3,980円(税抜)最低4回以上

    この商品への口コミ

    • 飲み始めてからお腹のぽっこり具合が減ってきた感じがします!

    • デブ菌を減らすというキャッチコピーに惹かれて購入して1ヶ月くらい。食べすぎても太りにくくなった気がするかも?

    • ヨーグルト風味で飲みやすいし、コスパも良いので続けやすいですね。

    詳細はこちら

どのサプリにも言えることですが、飲んですぐには効果は出ないため、まずは3ヶ月の定期購入をしてみるのがおすすめですよ。
関連記事はこちら