HOMEすべての記事ラクトフェリンの効果ドライアイにおけるラクトフェリンの効能とは

ドライアイにおけるラクトフェリンの効能とは

ドライアイにおけるラクトフェリンの効能とは

ドライアイの症状に対して有効とされているラクトフェリンは糖たんぱく質の一種であるため、安全性が高く乳製品やサプリメントなどを用いて簡単に摂取できる点が魅力といえるでしょう。

万が一乳製品が苦手な人でもラクトフェリンを摂取する手段は多数存在しているので、賢く製品を選び、可能な限りドライアイを予防・改善する選択がおすすめです。

そもそもラクトフェリンって何?

ラクトフェリンは人の体内にも存在する糖たんぱく質の一種で、母乳や各種乳製品へ豊富に含まれている成分です。
熱に弱い性質を持っている理由から加熱処理の際に失われやすく、食材から効率よく摂取したい場合には注意しておきたい要素となります。

摂取した際において期待できる主な効果としては、免疫力の向上に加えて美肌効果やアレルギー症状の緩和などがあげられ、抗酸化作用を含めた機能性にとても優れているため、健康と美容の分野で注目されています。

ドライアイを引き起こす原因について

Print

角膜乾燥症とも呼ばれるドライアイは慢性的に目が乾燥する疾患であり、目の不快感を起こしたり涙の量が極端に減少し、最悪の場合は眼球の表面が変質するほか角膜へ傷を付けるといったリスクが考えられます。

近年ではデスクワーク時間の長期化と携帯端末の普及率に伴って、従来よりも目を酷使する場面が増えているので、発症する割合はかなり高く何らかの対策が求められています。
また、涙の分泌量は自律神経系の状態に応じても変わってくる要素であることから、ストレスや寝不足といった生活習慣が発症の原因となる例も少なくはありません

何故ラクトフェリンがドライアイに有効なのか

ラクトフェリンは母乳や乳製品に限らず涙や唾液にも含まれている成分なので、身体の外から補給することによって不足分を補い、正常な分泌作用を促す結果へ繋がっていきます。
更に涙腺の老化防止と機能を整える効果が期待できるため、涙の分泌量が減っている状態に対して特に有効といえるでしょう。

ドライアイの症状そのものはデスクワークや生活習慣だけでなく加齢に伴って発症リスクが高まっていく傾向を持つので、年齢を重ねるごとにラクトフェリンを積極的に摂取するメリットは大きくなります。

食品から必要量を摂取しきれない場合、サプリメントなどの健康食品をうまく活用する選択が有用で、角膜へ悪影響が及んでしまう前にラクトフェリンの補給を行い、眼病対策を施しておくと安心です。

おすすめのラクトフェリンサプリについて
普段の生活を劇的に改善するというのは難しいものです。
飲食制限をかけるのも限度がありますし、忙しくてなかなか運動する時間がとれなかったりする人も多いですよね。
そこで、効果的にラクトフェリンを摂り入れられる人気サプリメントをご紹介します。
  • 健康とダイエットにこだわりたい人におすすめ

    プレミアムスリムビオ

    プレミアムスリムビオ

    • 進化した乳酸菌で理想のダイエットをサポート!
    • 腸まで届く乳酸菌+茶カテキンのダブルパワー
    • 女性向け雑誌でも紹介された注目のサプリ
    定期初回定期購入定期制限
    980円(税抜)3,980円(税抜)最低4回以上

    この商品への口コミ

    • 飲み始めてからお腹のぽっこり具合が減ってきた感じがします!

    • デブ菌を減らすというキャッチコピーに惹かれて購入して1ヶ月くらい。食べすぎても太りにくくなった気がするかも?

    • ヨーグルト風味で飲みやすいし、コスパも良いので続けやすいですね。

    詳細はこちら

どのサプリにも言えることですが、飲んですぐには効果は出ないため、まずは3ヶ月の定期購入をしてみるのがおすすめですよ。
関連記事はこちら