HOMEすべての記事ラクトフェリンの効果ラクトフェリンの細菌に対する効果

ラクトフェリンの細菌に対する効果

ラクトフェリンの細菌に対する効果

ラクトフェリンは、母乳・涙・汗・唾液などの外部に排出される分泌液中に含まれる鉄結合性の糖タンパク質のことを言います。

生体内では周囲から鉄を補足して取り除く機能があります

多くの細菌は増殖を繰り返しています。その増殖の際に鉄イオンは欠かせない元素の一つです。
つまり鉄を奪いされば増殖することはできません。

細菌の周辺にある鉄分を取り除くことで細菌の増殖が阻止されるということが研究で確認されています。

ラクトフェリンは、鉄結合性を有しているため、周辺環境から積極的に鉄イオンを奪うことで細菌の増殖を阻止します。

ラクトフェリンは母乳に多く含まれています

腸に届く

特に生後数日以内の乳幼児がいる場合、初乳と呼ばれるラクトフェリンが多く含まれている母乳が出ます。
免疫力が低い乳幼児のために外敵である病原菌から守る働きをしていると考えられています。

また、その他にも抗菌活性機能があることが確認されています。
病原菌に関わるグラム陰性菌の細胞膜の主成分であるリポポリサッカライドとラクトフェリンが結合することで細胞膜構造を脆弱することができます。
細胞膜が破壊されると細胞は自らを抑えきれず、崩壊します。これら2つの抗菌活性作用で摂取者の健康を維持します。

腸内細菌の一部である乳酸菌やビフィズス菌などは生育の過程で鉄の要求性が低いため抗菌活性を示さないことも知られています。

実際には増殖を促進する作用があることが確認されています

幼児にラクトフェリンを投与するとビフィズス菌が増殖していることが確認されています。
結果として、腸内フローラの改善に有効であることがわかっています。

ラクトフェリンは乳に含まれる栄養素です、特に母乳に多く含まれます。
牛の母乳、すなわち牛乳にも含まれていますが、熱と衝撃に弱いため市販の牛乳ではほとんどが破壊されています。
また、酸や酵素に分解されやすいため胃酸などの消化器官で簡単に分解されてしまいます。
ラクトフェリンが効果を発揮できるのが小腸より先の器官になります。
そのため胃酸に分解されずに無事に胃を通過するための仕組みが必要になります。
各社、胃で溶けないことを確実するためにさまざまな方法を検討しています。
これらの抗菌活性や乳酸菌やビフィズス菌の増殖などにより腸内の環境を良くします。

母乳などの食物では胃を無事に通過させる機能はありません。
よって、小腸まで届けるためにはサプリメントで摂取することが確実です。

おすすめのラクトフェリンサプリについて
普段の生活を劇的に改善するというのは難しいものです。
飲食制限をかけるのも限度がありますし、忙しくてなかなか運動する時間がとれなかったりする人も多いですよね。
そこで、効果的にラクトフェリンを摂り入れられる人気サプリメントをご紹介します。
  • 健康とダイエットにこだわりたい人におすすめ

    プレミアムスリムビオ

    プレミアムスリムビオ

    • 進化した乳酸菌で理想のダイエットをサポート!
    • 腸まで届く乳酸菌+茶カテキンのダブルパワー
    • 女性向け雑誌でも紹介された注目のサプリ
    定期初回定期購入定期制限
    980円(税抜)3,980円(税抜)最低4回以上

    この商品への口コミ

    • 飲み始めてからお腹のぽっこり具合が減ってきた感じがします!

    • デブ菌を減らすというキャッチコピーに惹かれて購入して1ヶ月くらい。食べすぎても太りにくくなった気がするかも?

    • ヨーグルト風味で飲みやすいし、コスパも良いので続けやすいですね。

    詳細はこちら

どのサプリにも言えることですが、飲んですぐには効果は出ないため、まずは3ヶ月の定期購入をしてみるのがおすすめですよ。
関連記事はこちら