HOMEすべての記事ラクトフェリンの基礎知識ラクトフェリンで下痢をしてしまうのには理由がある

ラクトフェリンで下痢をしてしまうのには理由がある

ラクトフェリンで下痢をしてしまうのには理由がある

美容や健康に対して重要なのが腸内環境です。
腸内環境が良くなることによって便秘を改善したり、免疫力を高めることができるほか、ニキビや肌荒れなど肌トラブルを改善することにも繋がります。

そんな腸内環境を良くするのに効果的だと注目されている成分がラクトフェリンになります。

ラクトフェリンとは

ラクトフェリンとは、母乳や哺乳類動物の乳に多く含まれている多機能タンパク質の一種です。とくに人間の初乳に豊富に含まれており、赤ちゃんが飲むことによってウイルスや細菌から身を守る働きがあると考えられています。

鉄と結合しやすいタンパク質で、さまざまな効果があることから近年注目されています。
具体的な効果としては、免疫調整作用があることから感染予防をしたりがんを防ぐ効果を期待することができます。抗菌抗ウイルス作用によってピロリ菌を減少させたり歯周病菌を抑制し、腸内の善玉菌を増殖させることができるため腸内環境が整います。

また、鉄分に結合しやすいため貧血を改善したり、抗炎症作用があることから関節炎や大腸炎などを改善し、脂質代謝を良くすることで内臓脂肪を減らす効果が期待できます。

下痢になる理由

9--8

健康や美容に対してさまざまな効果のあるラクトフェリンですが、完全に副作用がないわけではなく注意が必要な点もあります。
乳製品から抽出される成分のため乳製品にアレルギーを持っている人は医師に相談してから摂取することをおすすめします。

アレルギーでない人も必要以上に摂取してしまうと下痢になってしまう可能性があります。下痢は効果が効き過ぎることによって腸内の動きが活発になり過ぎることで起こる可能性がある症状です。

そのため、それを避けるためにも必要以上に摂取することを止め、妊婦や授乳中などの女性は医師と相談してから摂取するようにします。この状態の女性は自然にたっぷりのラクトフェリンが作られている時期ですので、サプリメントなどで必要以上に摂取をしてしまうと過剰摂取となってしまい下痢などを引き起こすことも考えられるのです。

摂取するポイント

過剰摂取によって下痢は引き起こされる可能性がありますが、ほかに副作用は見つかっていない成分です。

しかし、1日に必要な摂取量を守って摂取していくことが大切です。決まりはありませんが1日150〜300mgが適量だとされています。
徐々に量を増やしていき、自分に合った適量を見つけることが摂取する時のポイントといえます。

おすすめのラクトフェリンサプリについて
普段の生活を劇的に改善するというのは難しいものです。
飲食制限をかけるのも限度がありますし、忙しくてなかなか運動する時間がとれなかったりする人も多いですよね。
そこで、効果的にラクトフェリンを摂り入れられる人気サプリメントをご紹介します。
  • 健康とダイエットにこだわりたい人におすすめ

    プレミアムスリムビオ

    プレミアムスリムビオ

    • 進化した乳酸菌で理想のダイエットをサポート!
    • 腸まで届く乳酸菌+茶カテキンのダブルパワー
    • 女性向け雑誌でも紹介された注目のサプリ
    定期初回定期購入定期制限
    980円(税抜)3,980円(税抜)最低4回以上

    この商品への口コミ

    • 飲み始めてからお腹のぽっこり具合が減ってきた感じがします!

    • デブ菌を減らすというキャッチコピーに惹かれて購入して1ヶ月くらい。食べすぎても太りにくくなった気がするかも?

    • ヨーグルト風味で飲みやすいし、コスパも良いので続けやすいですね。

    詳細はこちら

どのサプリにも言えることですが、飲んですぐには効果は出ないため、まずは3ヶ月の定期購入をしてみるのがおすすめですよ。
関連記事はこちら