HOMEすべての記事ラクトフェリンの効果アトピー性皮膚炎に効果的!「ラクトフェリンサプリメント」のすすめ

アトピー性皮膚炎に効果的!「ラクトフェリンサプリメント」のすすめ

アトピー性皮膚炎に効果的!「ラクトフェリンサプリメント」のすすめ

ラクトフェリンの優れた効果の一つに、炎症を抑える働きがあります。
母乳に含まれているほどの成分なので、体のあらゆる部分の炎症に効果的とされています。

もちろん皮膚の炎症であるアトピーの改善にも良いといわれ、体の内側から症状を緩和できる成分として注目されています。

なぜラクトフェリンはアトピーに良いの?

ラクトフェリンは乳酸菌のような菌ではなく、タンパク質の一種です。

鉄を含んでいるので、抽出するとほのかに赤みを帯びています。
まだ免疫機能が十分ではない赤ちゃんを、有害な細菌やウイルスからガードする働きを担っているので、高い殺菌・抗菌効果が期待できます。

でも、外から入ってくる全ての異物に対処していると過剰反応になることがあるため、有害な物質と無害な物質を見分けて攻撃をセーブする働きもあります。

アトピー性皮膚炎では特定の物質に対して抗体を作りやすくなってしまう体質と、皮膚の防御機能の低下などが症状の発生に関係しています。
ラクトフェリンはこうした作用を抑えて免疫機能を調整してくれるので、アトピー性皮膚炎の改善に良いとされているんですね。

ラクトフェリンならではの効果とは?

atopy-kaizen2

アレルギー症状が出るとツライ痒みが発生して、湿疹ができたり肌がガサガサになってしまいます。
こんな時はどうしても薬に頼ってしまいますが、症状を抑える代わりに免疫力が低下することがあります。

これにはアレルギー物質に反応した時に放出されるヒスタミンが関係していて、薬を使えばヒスタミンが抑えられるのでアレルギー症状は落ち着いてきますが、その分異物に対してのガードが緩くなってしまうので、抵抗力が弱くなることがあります。
食品にはヒスタミンの発生を高めてしまう物と抑えてくれる物があり、症状がひどくなる食品にはヒスタミンが多く含まれていて、チョコレートやコーヒー、エビやカニ、豚肉などはたくさん食べるとかゆみなどが強くなるといわれています。
反対に症状を抑えてくれる食品には、イチゴや海藻類、緑茶などがあります。

ラクトフェリンはヒスタミンを抑える食品の働きとは少し違って、異物を防御している抗体に関係があり、ヒスタミンの分泌量を抑えながら抗体の働きを強化できるので、免疫機能は低下させずにかゆみをストップしてくれる成分なんです。
症状を和らげたい時は、なるべくヒスタミンを抑える食品を食べるようにして、ラクトフェリンで根本的な解決をする方法が効果的ですね(#^.^#)

アトピーの緩和に最適な摂取量は?

ラクトフェリンには様々な働きがあるので、症状別に1日の最大摂取量が分かれています。

アトピー性皮膚炎の場合、1日の摂取量は約600~900mgが目安とされていますが、食事から一定の量を摂取するのは難しいので、錠剤やドリンクタイプのサプリメントを利用した方が効率的です。

おすすめのラクトフェリンサプリについて
普段の生活を劇的に改善するというのは難しいものです。
飲食制限をかけるのも限度がありますし、忙しくてなかなか運動する時間がとれなかったりする人も多いですよね。
そこで、効果的にラクトフェリンを摂り入れられる人気サプリメントをご紹介します。
  • 健康とダイエットにこだわりたい人におすすめ

    プレミアムスリムビオ

    プレミアムスリムビオ

    • 進化した乳酸菌で理想のダイエットをサポート!
    • 腸まで届く乳酸菌+茶カテキンのダブルパワー
    • 女性向け雑誌でも紹介された注目のサプリ
    定期初回定期購入定期制限
    980円(税抜)3,980円(税抜)最低4回以上

    この商品への口コミ

    • 飲み始めてからお腹のぽっこり具合が減ってきた感じがします!

    • デブ菌を減らすというキャッチコピーに惹かれて購入して1ヶ月くらい。食べすぎても太りにくくなった気がするかも?

    • ヨーグルト風味で飲みやすいし、コスパも良いので続けやすいですね。

    詳細はこちら

どのサプリにも言えることですが、飲んですぐには効果は出ないため、まずは3ヶ月の定期購入をしてみるのがおすすめですよ。
関連記事はこちら