HOMEすべての記事ラクトフェリンの効果AGEは活性酸素に匹敵する老化因子! ①糖尿病はAGEが増える病気

AGEは活性酸素に匹敵する老化因子! ①糖尿病はAGEが増える病気

AGEは活性酸素に匹敵する老化因子! ①糖尿病はAGEが増える病気

今回は最近よく耳にするAGEについてお話したいと思います。AGEとは【Advanced Glycation End Products】の略で日本語にすると【終末糖化産物】と呼ばれます。最近耳にするので、新しく発見されたと思っている方も多いかもしれませんが、大昔から知られている老化因子です。

糖尿病とは

2014年の厚労省の発表によると、予備軍を含めて糖尿病患者は2000万人と推定されています。今更ですが、糖尿病とは血液内の糖が増えてしまう病気ですが1型糖尿病と2型糖尿病とがあります。

1型糖尿病とは、すい臓のベータ細胞が働かなくなって起こる糖尿病で全体の1~3%ほどがこれにあたります。2型糖尿病は、体内のインスリン量が減ったり、筋肉などでインスリンが働きにくくなるもので、ほとんどの人がこのタイプといわれています(2型糖尿病の人は内臓脂肪にも気を付けましょう)

いずれにしても、糖尿病で最も怖いのは血液中のブドウ糖が余り続けることで、体内のAGEや活性酸素が増えてしまい(老化のスピードが加速する)、様々な合併症を引き起こすということです(※血液検査で診るHbA1cはまさにAGEのひとつです)

本当に怖い合併症

糖尿病は合併症を抑えることができれば、克服したも同然といわれるドクターも居るぐらい怖いものばかりです。下記のリストは合併症となりえる疾患リストです。

メタボ

  • がん
  • 心疾患(心筋梗塞や狭心症)
  • 脳卒中(脳梗塞やくも膜下出血など)
  • 糖尿病性網膜症(国内の失明原因の1位)
  • 糖尿病性腎症
  • 糖尿病性神経障害(皮膚などが壊死を起こす)
  • 白内障や視力障害
  • 高血圧・高脂血症

など、例を挙げればきりがないぐらいです。そして、これらの合併症の原因のひとつがAGEとなります。

糖尿病でありながら暴飲暴食をやめられない人が居りますが、合併症の中にはご自分だけではなく、ご家族を巻き込む合併症(要介護状態や・酷い体臭など)もあるということを認識いただきたいところです。

AGEとは

では、AGEとは何でしょうか。終末糖化産物って言われてもよくわかりませんが、「タンパク質とブドウ糖が結合(くっついてしまった物質)」したものをこう呼んでいます。

体内で血糖値が高い状態が続くと(まさに糖尿病がこれにあたります)、ブドウ糖が変質してしまい、近くのタンパク質と結合しやすくなってしまいます。糖尿病は積極的に体内でAGEを合成する病気といえます。

また、体内で合成される以外にもAGEは身近にもあります。簡単な例を挙げますが「目玉焼きの焦げた部分」「焼き魚の焦げた部分」「焼き肉の焦げた部分」は正にAGEそのものとして体内に入ってきます。

AGEは糖尿病でなくとも、現代社会で生きる多くの人にコントロールが必要な老化因子なんです。

次回は「AGEのコントロール」についてお話したいと思います。

おすすめのラクトフェリンサプリについて
普段の生活を劇的に改善するというのは難しいものです。
飲食制限をかけるのも限度がありますし、忙しくてなかなか運動する時間がとれなかったりする人も多いですよね。
そこで、効果的にラクトフェリンを摂り入れられる人気サプリメントをご紹介します。
  • 健康とダイエットにこだわりたい人におすすめ

    プレミアムスリムビオ

    プレミアムスリムビオ

    • 進化した乳酸菌で理想のダイエットをサポート!
    • 腸まで届く乳酸菌+茶カテキンのダブルパワー
    • 女性向け雑誌でも紹介された注目のサプリ
    定期初回定期購入定期制限
    980円(税抜)3,980円(税抜)最低4回以上

    この商品への口コミ

    • 飲み始めてからお腹のぽっこり具合が減ってきた感じがします!

    • デブ菌を減らすというキャッチコピーに惹かれて購入して1ヶ月くらい。食べすぎても太りにくくなった気がするかも?

    • ヨーグルト風味で飲みやすいし、コスパも良いので続けやすいですね。

    詳細はこちら

どのサプリにも言えることですが、飲んですぐには効果は出ないため、まずは3ヶ月の定期購入をしてみるのがおすすめですよ。
関連記事はこちら