HOMEすべての記事ラクトフェリンの基礎知識ラクトフェリンの飲み合わせについて

ラクトフェリンの飲み合わせについて

ラクトフェリンの飲み合わせについて

ラクトフェリンは、花粉症などのアレルギーや歯周病菌を抑える効果が期待できる成分です。こうした慢性的な症状を解消するには、定期的に成分を摂取する方法が一番良いのですが、他にもさまざまな症状を抱えていて薬を飲んでいる場合、飲み合わせが心配になります。ラクトフェリンと一緒に飲んではいけない薬やサプリメントはあるのでしょうか。

ラクトフェリンが飲みやすい理由

ラクトフェリンはタンパク質になり、皮膚や筋肉、骨などをつくる成分です。
体づくりの他にも消化吸収に利用される酵素、働きを調節するホルモンなど、色々な部分で活躍しています。

ラクトフェリンで副作用が起きる心配はなく、赤ちゃんが飲む母乳にも含まれている成分なので、体力が低下している時でも安心して飲める成分です。

効果が発揮できなくなる飲み合わせ

9--30

症状が慢性的になると薬を飲む回数も増えるため、飲み合わせに注意する必要が出てきます。例えば胃薬なら炭酸飲料、解熱鎮痛剤ならカフェインなど、飲むことで効き目が弱くなったり副作用が出る可能性もある成分には要注意です。

ラクトフェリンは飲み合わせで悪影響が出たという報告もなく安全性の高い成分ですが、牛乳やヨーグルトに入っているタイプの場合は、気を付けておきたい薬があります。
抗生物質や抗菌剤と一緒に牛乳やヨーグルトを食べたり飲んだりすると、カルシウムなどのミネラルが薬の働きを弱めてしまいます。

薬を飲んでいる場合は、ミネラルが入ってないサプリメントがおすすめです。
サプリメントは薬ではなく食品と同じ扱いなので、継続して飲み続けても安心です。
ただ、サプリメントには効果を高めるために色々な成分が配合されているので、飲み合わせが悪くなる成分が入っていないかチェックしておきましょう。

自然治癒力を高めてくれる

ラクトフェリンの良いところは、薬の作用を抑えることなく本来の自然治癒力を高めてくれる点です。炎症を抑える働きや内臓についた脂肪の代謝をアップする作用もあるので、美容効果も期待できます。

貧血を解消する作用もあるので、サプリメントでも1日の目安量を守って飲んでいれば副作用の心配がない成分です。とても安全性の高い成分ですが、体質によっては注意が必要になります。その体質とは牛乳アレルギーで、乳幼児や子供に多い食物アレルギーです。ラクトフェリンは赤ちゃんでも安心して飲める成分ですが、アレルギーの陽性反応が出た場合は飲むのを控えておきます。

おすすめのラクトフェリンサプリについて
普段の生活を劇的に改善するというのは難しいものです。
飲食制限をかけるのも限度がありますし、忙しくてなかなか運動する時間がとれなかったりする人も多いですよね。
そこで、効果的にラクトフェリンを摂り入れられる人気サプリメントをご紹介します。
  • 健康とダイエットにこだわりたい人におすすめ

    プレミアムスリムビオ

    プレミアムスリムビオ

    • 進化した乳酸菌で理想のダイエットをサポート!
    • 腸まで届く乳酸菌+茶カテキンのダブルパワー
    • 女性向け雑誌でも紹介された注目のサプリ
    定期初回定期購入定期制限
    980円(税抜)3,980円(税抜)最低4回以上

    この商品への口コミ

    • 飲み始めてからお腹のぽっこり具合が減ってきた感じがします!

    • デブ菌を減らすというキャッチコピーに惹かれて購入して1ヶ月くらい。食べすぎても太りにくくなった気がするかも?

    • ヨーグルト風味で飲みやすいし、コスパも良いので続けやすいですね。

    詳細はこちら

どのサプリにも言えることですが、飲んですぐには効果は出ないため、まずは3ヶ月の定期購入をしてみるのがおすすめですよ。
関連記事はこちら