HOMEすべての記事ラクトフェリンの基礎知識薬としてのラクトフェリンについて

薬としてのラクトフェリンについて

薬としてのラクトフェリンについて

様々な健康効果を発揮する成分として注目されているラクトフェリンは薬としても利用も検討されるようになりました。
各メーカーが応用を目指して研究開発を行っている段階にあります。
どのような点が着目されているのかを理解しておくと、世の中に出てきたときに役に立つでしょう。

幅広い効果に対する着目

ラクトフェリンが薬に利用される可能性が高まってきています。
感染症に対する予防効果だけでなく、脂肪代謝の改善によるメタボリックシンドロームへの効果や貧血や関節リウマチなどの慢性疾患の改善などの幅広い効果の知見が蓄積してきているからです。

抗菌作用や抗ウイルス作用は歯周病の予防や改善にも応用できるとして歯科領域からも注目されています。
また、抗酸化作用があることで炎症性の疾患の改善に加えて癌の発症リスクも減らせる可能性が示唆されています。

現代社会において問題になっている様々な疾患に対して広く効果を発揮できると期待されている成分なのです。
ラクトフェリンを投与することで実際に患者で改善効果が見られている報告例も多いのが現状であり、その応用の可能性は無限に広がっているとも言えるでしょう。

安全に使用できる魅力

錠剤

ラクトフェリンが薬になる可能性が高いのは、既に安全性について十分な知見があるからです。
牛乳や母乳に含まれている成分として摂取してきた長い歴史があるため、経口摂取することによる副作用のリスクはほとんどないという理解が広がっています。

また、健康食品成分としても用いられてきたことを受けて、多量に摂取を行っても健康被害が生じないことも理解されてきました。
そのため、薬にしても副作用が心配になるものではないと期待できるのです。

化学的な修飾や製剤の工夫へ

ラクトフェリンを薬に応用するにはまだ課題があります。
胃酸に対して不安定であるという問題は製剤に工夫を施すことで解決されてきました。
もともと腸溶性製剤は他の薬にも用いられてきたものであり、胃酸に対して不安定な成分を利用する際に応用されている信頼できる技術です。

一方、有効性を維持するために吸収されたラクトフェリンの血中濃度を維持する工夫も必要となります。
持続性製剤の開発や化学的な修飾によって血中濃度を維持する工夫が行われてきているのが現状です。

こういった研究開発が着々と進んでいることから、応用に踏み切れる段階に至るまでそれほど時間もかからないでしょう。
魅力的な成分として着目されているからこそ開発の進展も著しいのです。

おすすめのラクトフェリンサプリについて
普段の生活を劇的に改善するというのは難しいものです。
飲食制限をかけるのも限度がありますし、忙しくてなかなか運動する時間がとれなかったりする人も多いですよね。
そこで、効果的にラクトフェリンを摂り入れられる人気サプリメントをご紹介します。
  • 健康とダイエットにこだわりたい人におすすめ

    プレミアムスリムビオ

    プレミアムスリムビオ

    • 進化した乳酸菌で理想のダイエットをサポート!
    • 腸まで届く乳酸菌+茶カテキンのダブルパワー
    • 女性向け雑誌でも紹介された注目のサプリ
    定期初回定期購入定期制限
    980円(税抜)3,980円(税抜)最低4回以上

    この商品への口コミ

    • 飲み始めてからお腹のぽっこり具合が減ってきた感じがします!

    • デブ菌を減らすというキャッチコピーに惹かれて購入して1ヶ月くらい。食べすぎても太りにくくなった気がするかも?

    • ヨーグルト風味で飲みやすいし、コスパも良いので続けやすいですね。

    詳細はこちら

どのサプリにも言えることですが、飲んですぐには効果は出ないため、まずは3ヶ月の定期購入をしてみるのがおすすめですよ。
関連記事はこちら