HOMEすべての記事ラクトフェリンの基礎知識ラクトフェリンは胃酸に弱い特徴が

ラクトフェリンは胃酸に弱い特徴が

ラクトフェリンは胃酸に弱い特徴が

免疫力の向上や内臓脂肪の燃焼効果など健康と美容に良い働きをしてくれるラクトフェリンですが、摂取方法に注意が必要です。

母乳に含まれている成分

ラクトフェリンはお母さんの母乳の中に含まれている成分です。赤ちゃんは母乳で育てたい、というお母さんたちの理由には「免疫力がつくから」というものがありますが、ラクトフェリンは赤ちゃんの免疫力を向上させてくれる効果が期待できる成分です。

しかし、どれだけ免疫力向上などの効果があるといっても、母乳は赤ちゃん以外は飲むことができません。母乳以外で摂取しようと思った時には牛の母乳である牛乳や、牛乳から作られた乳製品を食べることで摂取することができます

牛乳にも母乳の約10分の1という少量ですがラクトフェリンが含まれているのですが、此処で問題があります。免疫力向上などの効果を実感しようとしたときには搾りたての牛乳では効果がないと言われています。それは熱に弱いという性質があるラクトフェリンは、加工する際に熱処理が行われているスーパーなどで販売されているパック入りの牛乳にはほとんど含まれていないからです。

熱だけじゃない

10--5

ラクトフェリンは熱に弱いだけではありません。酸にも弱いという性質があります。
人間の胃は食べたものを消化するために強い酸性の胃酸が分泌されています。胃酸は肉などのたんぱく質を消化するほかにも食べ物などと一緒に身体の中に侵入してきたウイルスや細菌を殺菌する効果もあり、人が生きていくために重要な働きをしています。

その働きによってラクトフェリンを搾りたての牛乳など乳製品から摂取することができたとしても、胃酸によってほとんどが変質してしまって健康や美容への効果はほとんど実感できないと言われています。

どういう摂取方法が良いの?

じゃあ、どれだけ乳製品を食べても無駄なんじゃないの?と思うかもしれません。
この胃酸や熱に弱いという性質を克服しているのがサプリメントです。サプリメントの形状にすることで胃酸の影響を受けないタブレットの形にしたり、胃酸に強いカプセルに入れるという加工をすることができるため、胃では溶けずに腸まで届き、腸で溶けることができるようになっています。

ラクトフェリンが吸収されやすい場所の腸にまで直接届けることができるので効率のいい吸収ができ、搾りたての牛乳を飲むよりも多くの量を摂取することができるので、大きな効果が期待できるようになっています。

おすすめのラクトフェリンサプリについて
普段の生活を劇的に改善するというのは難しいものです。
飲食制限をかけるのも限度がありますし、忙しくてなかなか運動する時間がとれなかったりする人も多いですよね。
そこで、効果的にラクトフェリンを摂り入れられる人気サプリメントをご紹介します。
  • 健康とダイエットにこだわりたい人におすすめ

    プレミアムスリムビオ

    プレミアムスリムビオ

    • 進化した乳酸菌で理想のダイエットをサポート!
    • 腸まで届く乳酸菌+茶カテキンのダブルパワー
    • 女性向け雑誌でも紹介された注目のサプリ
    定期初回定期購入定期制限
    980円(税抜)3,980円(税抜)最低4回以上

    この商品への口コミ

    • 飲み始めてからお腹のぽっこり具合が減ってきた感じがします!

    • デブ菌を減らすというキャッチコピーに惹かれて購入して1ヶ月くらい。食べすぎても太りにくくなった気がするかも?

    • ヨーグルト風味で飲みやすいし、コスパも良いので続けやすいですね。

    詳細はこちら

どのサプリにも言えることですが、飲んですぐには効果は出ないため、まずは3ヶ月の定期購入をしてみるのがおすすめですよ。
関連記事はこちら