HOMEすべての記事ラクトフェリンの基礎知識やっぱり母乳育児は凄かった!母乳に含まれるラクトフェリンが赤ちゃんに良い理由

やっぱり母乳育児は凄かった!母乳に含まれるラクトフェリンが赤ちゃんに良い理由

やっぱり母乳育児は凄かった!母乳に含まれるラクトフェリンが赤ちゃんに良い理由

新しい命である赤ちゃんを授かったお母さんにとって最大の望みと言えるのが、その生まれてくる赤ちゃんが健康に育ってくれるということです。
その健康に育ってくれるという意味合いで重要なのが病気にかかりにくい体となってくれることであり、病気にかかりにくくするためには免疫機能を赤ちゃんのうちからしっかりと備わる環境が大事になります。

環境の第一歩として

健康に育ってくれるというのは病気にかかりにくい体になってほしいという意味と同義なのですが、病気にかからないというのは病気を発症する原因に強い体になるための免疫機能を作ることを意味します。

赤ちゃんにも免疫機能の元は備わっているのですが、ただ免疫機能は記憶によって動くものであるためまだ何が有害で無害なのかを教えられていないためどんなふうに動いたらいいのか判断が出来ないのです。
そこでお母さんの願いである健康に育ってくれるためには、その何が有害で何が無害なのかを教えてあげることが健康の環境の第一歩になります。

母乳に含まれているラクトフェリン

bonyu-ikuji2

その環境を教えてあげるに置いて免疫機能の活動を手助けしてあげるのが、意外にも最初に赤ちゃんに与える母乳にあります。
母乳は牛乳と同じようにお母さんの血液が乳腺によって変化して生まれた物質で、この母乳を飲ませることによって赤ちゃんの中にある免疫機能が活性化するのです。

実際に市販されている粉ミルクで育った子供と母乳で育った子供を比較すると母乳で育った子供の方が病気にかかる確率は低くなると分かったのです。
なぜ低くなったのか、それは乳特有の成分ラクトフェリンが関係しています。

ラクトフェリンは血液中に含まれているたんぱく質の一種で、このラクトフェリンは血液中に含まれている鉄分に結びついて全身に溶け込ませや吸くする効果を持ちます。
このラクトフェリンが赤ちゃんに吸収されると、先に言った免疫機能の元に働きかけて活動を開始させると共にお母さんの血液の中に含まれていた抗体の情報を赤ちゃんに与えるということになります。
その効果によって何が有害で何が無害なのかを赤ちゃんの抗体に教えることができるので、お母さんの願いである健康に良い体作りに役に立つのです。

いつまで飲ませてあげればいいのか

ここで疑問になるのが赤ちゃんに飲ませると言ってもいつまで飲ませればいいのかということです。
乳離れは歯が出来始めた時期となりますが、実はその時までは飲ませてあげることが大事になります。

歯が生え始める時期の前は赤ちゃんにとって栄養を補給できるのは乳しかないことにくわえて、動き始めたと言ってもまだまだ完全には活躍できるほどではないためです。
そこでいつまでの答えは、自分で栄養を取り始めることのできる歯が生えかけている間まではしっかりと与えることが大事です。

おすすめのラクトフェリンサプリについて
普段の生活を劇的に改善するというのは難しいものです。
飲食制限をかけるのも限度がありますし、忙しくてなかなか運動する時間がとれなかったりする人も多いですよね。
そこで、効果的にラクトフェリンを摂り入れられる人気サプリメントをご紹介します。
  • 健康とダイエットにこだわりたい人におすすめ

    プレミアムスリムビオ

    プレミアムスリムビオ

    • 進化した乳酸菌で理想のダイエットをサポート!
    • 腸まで届く乳酸菌+茶カテキンのダブルパワー
    • 女性向け雑誌でも紹介された注目のサプリ
    定期初回定期購入定期制限
    980円(税抜)3,980円(税抜)最低4回以上

    この商品への口コミ

    • 飲み始めてからお腹のぽっこり具合が減ってきた感じがします!

    • デブ菌を減らすというキャッチコピーに惹かれて購入して1ヶ月くらい。食べすぎても太りにくくなった気がするかも?

    • ヨーグルト風味で飲みやすいし、コスパも良いので続けやすいですね。

    詳細はこちら

どのサプリにも言えることですが、飲んですぐには効果は出ないため、まずは3ヶ月の定期購入をしてみるのがおすすめですよ。
関連記事はこちら