HOMEすべての記事ラクトフェリンの効果ラクトフェリンの摂取で痛風の発作を減らせる

ラクトフェリンの摂取で痛風の発作を減らせる

ラクトフェリンの摂取で痛風の発作を減らせる

痛風の発作は激痛を伴うことから何とかして発作を減らしたいと考えるのは患者なら当然のことでしょう。その際にラクトフェリンを摂取すると効果が期待できます。
その因果関係を知るためにはどのようにして発作が起こっているのかを知ることが大切です。理解ができると摂取への意欲が湧いてくるでしょう。

痛風の発作が起こるメカニズム

痛風の発作が起こる原因について知るとラクトフェリンの効果について理解が進みます。
痛風はもともと血液中の尿酸値が高くなることによって発症しやすくなるものであり、治療においては尿酸値を下げることが目指されます。

尿酸が高濃度で存在していると結晶ができてしまいやすく、それが関節に蓄積してしまうのが原因となる現象です。しかし、それだけでは痛みが出てくるわけではありません。

痛みの直接の原因になっているのが免疫機構であり、自然免疫系が尿酸の結晶を異物として認識して炎症を起こすのです。炎症反応に伴って痛覚が刺激されて痛みが発生することになり、同時に発赤や腫れなどの症状が出てきてしまいます。
こういった因果関係をまず知っておきましょう。

抗炎症作用のあるラクトフェリン

9--26

ラクトフェリンが痛風の発作を減らせる理由として重要なのが抗炎症作用を有していることです。免疫系が活動して炎症が起こってしまうのは、この発作の場合には過剰なものであり、ある程度炎症を抑えることに害はありません。

一般的な感染に対する応答としての炎症の場合には、免疫応答を加速させる意味もあるため、むやみに炎症を抑えてしまうのは感染リスクを高めることにもつながりかねないので注意が必要です。

ただし、ラクトフェリンの場合には抗炎症作用は炎症を抑制するのではなく調節する機能であるため、感染に対して適切なレベルでの炎症反応を起こせるようになるのが特徴となっています。その調節機能が発作の際に機能して症状を和らげることができるのです。

活性酸素の抑制がさらにもたらす効果

ラクトフェリンには活性酸素の生成を抑制する効果があることも示唆されているのは重要な点です。これが痛風の発作を減らす効果にもつながっています。

炎症反応を増幅するために活性酸素が使用されているからであり、その抑制を行うことで炎症が起こり始めても広がらせずに済むでしょう。こういった効果もあるため、発作を減らして痛みに悩まされる生活から開放してくれる可能性があるのがラクトフェリンなのです。

おすすめのラクトフェリンサプリについて
普段の生活を劇的に改善するというのは難しいものです。
飲食制限をかけるのも限度がありますし、忙しくてなかなか運動する時間がとれなかったりする人も多いですよね。
そこで、効果的にラクトフェリンを摂り入れられる人気サプリメントをご紹介します。
  • 健康とダイエットにこだわりたい人におすすめ

    プレミアムスリムビオ

    プレミアムスリムビオ

    • 進化した乳酸菌で理想のダイエットをサポート!
    • 腸まで届く乳酸菌+茶カテキンのダブルパワー
    • 女性向け雑誌でも紹介された注目のサプリ
    定期初回定期購入定期制限
    980円(税抜)3,980円(税抜)最低4回以上

    この商品への口コミ

    • 飲み始めてからお腹のぽっこり具合が減ってきた感じがします!

    • デブ菌を減らすというキャッチコピーに惹かれて購入して1ヶ月くらい。食べすぎても太りにくくなった気がするかも?

    • ヨーグルト風味で飲みやすいし、コスパも良いので続けやすいですね。

    詳細はこちら

どのサプリにも言えることですが、飲んですぐには効果は出ないため、まずは3ヶ月の定期購入をしてみるのがおすすめですよ。
関連記事はこちら