HOMEすべての記事ラクトフェリンの効果生活習慣病にもラクトフェリン

生活習慣病にもラクトフェリン

生活習慣病にもラクトフェリン

生活習慣病という言葉を聞いたことがある人は多く「毎日の生活が原因で起こる病気だ」という認識は広まっています。
しかし実際にはどんな習慣が原因で病気になってしまうのかを知らないままの人は少なくありません。
毎日の習慣を改善するだけで多くの病気を防ぐことができるのです。

生活習慣病ってどんな病気?

生活習慣病の代表的なものは高血圧、高脂血症、肥満、糖尿病、脳卒中などです。
これらの病気の多くは本人も気づかないまま症状が進行してしまい、ある日突然心筋梗塞や狭心症、突然死などを引き起こしてしまいます。

毎日の食事内容や喫煙、運動習慣、休息などが原因で起こってしまうと言われているため、生活習慣の改善が予防につながると言われています。

内臓脂肪がカギ

内臓脂肪

これらの生活習慣病を引き起こすのは、毎日の生活習慣が原因で内臓脂肪がたまってしまったことが大きなきっかけになっていると言われています。

内臓脂肪は腹筋の内側に溜まる脂肪のことで、血液中に溶け出しやすいという性質があります。
血液中に溶けだした内臓脂肪はコレステロールや中性脂肪となり、高脂血症や高血圧を引き起こし、それがきっかけで動脈硬化や脳卒中などを引き起こしてしまうのです。

これらの生活習慣病を予防したり症状の改善を行うためには、内臓脂肪を減少させることが大きなカギとなっているのです。

ラクトフェリンの効果とは

ラクトフェリンには様々な効果がありますが、その中のひとつが内臓脂肪の減少効果です。
実験により、内臓脂肪を減少させる効果があることが実証されています。

内臓脂肪が減少すれば血液中にコレステロールや中性脂肪が溶け出すことがなくなるので、高脂血症や高血圧の予防ができます。
さらに高脂血症や高血圧が原因で起こる脳卒中なども予防することができるのです。

さらに肥満に関係しているものに血糖値があります。

何かを食べた時に消化吸収された糖分が血液中に吸収されると、血糖値が上昇します。
血糖値が上昇すると膵臓からインシュリンが分泌されて身体中にエネルギーとして運ばれるのですが、身体中の細胞に運んでも余ったエネルギーは脂肪として細胞に蓄えられてしまいます。

慢性的に食べ過ぎてしまうとだんだんとためられていく脂肪の量が増えていくので、肥満を引き起こしてしまいます。
ラクトフェリンには脂肪を分解する効果もあるので、内臓脂肪の蓄積を防ぎながらその量を減らす効果も期待できます。

おすすめのラクトフェリンサプリについて
普段の生活を劇的に改善するというのは難しいものです。
飲食制限をかけるのも限度がありますし、忙しくてなかなか運動する時間がとれなかったりする人も多いですよね。
そこで、効果的にラクトフェリンを摂り入れられる人気サプリメントをご紹介します。
  • 健康とダイエットにこだわりたい人におすすめ

    プレミアムスリムビオ

    プレミアムスリムビオ

    • 進化した乳酸菌で理想のダイエットをサポート!
    • 腸まで届く乳酸菌+茶カテキンのダブルパワー
    • 女性向け雑誌でも紹介された注目のサプリ
    定期初回定期購入定期制限
    980円(税抜)3,980円(税抜)最低4回以上

    この商品への口コミ

    • 飲み始めてからお腹のぽっこり具合が減ってきた感じがします!

    • デブ菌を減らすというキャッチコピーに惹かれて購入して1ヶ月くらい。食べすぎても太りにくくなった気がするかも?

    • ヨーグルト風味で飲みやすいし、コスパも良いので続けやすいですね。

    詳細はこちら

どのサプリにも言えることですが、飲んですぐには効果は出ないため、まずは3ヶ月の定期購入をしてみるのがおすすめですよ。
関連記事はこちら