HOMEすべての記事ラクトフェリンの効果ラクトフェリンの成分・効果について

ラクトフェリンの成分・効果について

ラクトフェリンの成分・効果について

健康的な生活とその維持は誰もが願ってやまないことです。そのために、さまざまな方法を活用していると思います。ラクトフェリンも健康維持には大きな働きをする一つです。
成分や効果などを詳しく書いていきます。

ラクトフェリンとは

体内に存在するタンパク質の成分の一種で、鉄と結びつき健康維持のためにさまざまな働きをします。人では母乳や唾液、涙液、血液など、哺乳動物では乳に含まれています。

鉄と結び付く性質がありその成分が入っているため、色は赤みがかっており、発見当初は「赤いタンパク質」と呼ばれていました。

ラクトフェリンの効果

9--24

まず、抗菌、殺菌作用がとても強いため、良くない細菌やウイルスなどから体を守る働きがあります。また腸の働きを助ける効果があり、腸内の大腸菌やブロウ球菌などの悪玉菌を抑えビフィズス菌などの善玉菌を増やすとされています。

母乳では初乳といわれる出産後数日の間に出る乳に特に多く含まれており、赤ちゃんにとって重要な役割があります。生まれたばかりの赤ちゃんは善玉菌が腸内にまだ出来ていないため、ラクトフェリンの働きで守られているとされています。
また、免疫力が弱いため良くない細菌などからも保護する効果があります。

このように、抵抗力の弱い赤ちゃんを様々なことから守るため、ラクトフェリンがたくさん含まれている母乳を飲ませることは大切ですね。
他にも、鉄を吸収する作用があるため、鉄と一緒に摂取すると本来吸収の悪い鉄を効率よく取ることができ、貧血などに効果があるとされています。

また、体に良くない細胞を攻撃して体を守る働きのある免疫細胞を増やし活性化させるため、免疫力の向上が期待できます。その他、高い抗菌作用で胃がんなどの原因になるとされているヘリコバクター・ピロリ菌などの細菌を減らす役割があり、胃の働きを助ける効果もあることも知られています。

また、老化を早める活性酸素というものの抑制や閉経後の骨粗しょう症にも効果があり老化の予防になるようなので積極的に取りたいですね。そして、内臓脂肪の減少を促す効果もあります、内臓脂肪は腸管付近にある脂肪をいいますが、腸まで届く脂溶性のラクトフェリンを取ることで改善されていくようです。

ラクトフェリンの性質と摂取方法

ラクトフェリンは熱に弱い性質です。乳にたくさん含まれているのですが、加熱されている市販の牛乳や乳製品にはほとんど含まれていません。しかし、現代ではサプリメントや人工乳などがたくさん開発されているため、これらで摂取することが可能です。

おすすめのラクトフェリンサプリについて
普段の生活を劇的に改善するというのは難しいものです。
飲食制限をかけるのも限度がありますし、忙しくてなかなか運動する時間がとれなかったりする人も多いですよね。
そこで、効果的にラクトフェリンを摂り入れられる人気サプリメントをご紹介します。
  • 健康とダイエットにこだわりたい人におすすめ

    プレミアムスリムビオ

    プレミアムスリムビオ

    • 進化した乳酸菌で理想のダイエットをサポート!
    • 腸まで届く乳酸菌+茶カテキンのダブルパワー
    • 女性向け雑誌でも紹介された注目のサプリ
    定期初回定期購入定期制限
    980円(税抜)3,980円(税抜)最低4回以上

    この商品への口コミ

    • 飲み始めてからお腹のぽっこり具合が減ってきた感じがします!

    • デブ菌を減らすというキャッチコピーに惹かれて購入して1ヶ月くらい。食べすぎても太りにくくなった気がするかも?

    • ヨーグルト風味で飲みやすいし、コスパも良いので続けやすいですね。

    詳細はこちら

どのサプリにも言えることですが、飲んですぐには効果は出ないため、まずは3ヶ月の定期購入をしてみるのがおすすめですよ。
関連記事はこちら