HOMEすべての記事ラクトフェリンの基礎知識ラクトフェリンの必要量について

ラクトフェリンの必要量について

ラクトフェリンの必要量について

ラクトフェリンは母乳に多く含まれている鉄結合性糖タンパク質のことです。
現在、ラクトフェリンは牛乳から抽出されたものが使われており、気軽に配合されたものを購入し飲むことが可能ですが、もともとこの成分は人間の身体にも存在しているものになります。

その働きとしては、鉄結合性糖タンパク質という名称にあるように体内における鉄分の働きをサポートするというもになります。

鉄分とラクトフェリンについて

ラクトフェリンの機能として挙げられるのが、第一には鉄分の吸収促進があります。
鉄分は赤血球を作る上で必要な栄養素であり、鉄分は赤血球を作るさいのヘモグロビンの成分となっています。

ヘモグロビンは呼吸によって得られた酸素と結びつくことで身体の隅々まで酸素を運ぶ働きがあり、身体の隅々の細胞を維持したり細胞を増やす上で重要な物質ともいえます。ラクトフェリンそのものが造血作用があるわけではありませんが、働きとして鉄分を吸収しやすい作用があるため赤血球を作るのをサポートしてくれます。

また鉄分吸収のほかにも抗菌作用、抗ウイルス作用、免疫賦活作用、抗酸化作用があるとされます。これは鉄分を吸収しやすいことから派生しているもので、身体に取り込まれたラクトフェリンは既存のラクトフェリンを活性化させ免疫力を高め、また鉄を補足する作用によって鉄分によって発生する活性酸素の発生を抑制し身体の酸化を防ぐといった効果が期待できます。

ラクトフェリンの摂取量について

イラスト縦

一方でラクトフェリンの摂取量は決まっておらず必要量というものも存在しませんが、一般的には必要量として1日に150ミリグラムから300ミリグラムが適量とされています。あくまでも身体の働きをサポートする成分であるため必要量をこえて飲み過ぎても、体外に排出されるものになります。

飲むタイミングとしては、吸収を高めるために胃腸がリラックスした状態が良く就寝前に飲むのが良いとされます。いずれにしても成分としてはサポートするものであるため、食べ物やサプリメント、医薬品などとの飲み合わせはないので、必要量を気にするよりも継続して摂取することが効果を高める上でのポイントになります。

注意すべき点

なお、ラクトフェリンは乳製品であるため乳アレルギーのある人や飲み過ぎるとお腹を下すといった人は飲む量に注意しなければなりません。また飲み過ぎてもほとんどの人は問題ありませんが、動物性食品であるため過剰に摂取した場合にはエネルギーや脂質を多く身体に取り込むことになります。

おすすめのラクトフェリンサプリについて
普段の生活を劇的に改善するというのは難しいものです。
飲食制限をかけるのも限度がありますし、忙しくてなかなか運動する時間がとれなかったりする人も多いですよね。
そこで、効果的にラクトフェリンを摂り入れられる人気サプリメントをご紹介します。
  • 健康とダイエットにこだわりたい人におすすめ

    プレミアムスリムビオ

    プレミアムスリムビオ

    • 進化した乳酸菌で理想のダイエットをサポート!
    • 腸まで届く乳酸菌+茶カテキンのダブルパワー
    • 女性向け雑誌でも紹介された注目のサプリ
    定期初回定期購入定期制限
    980円(税抜)3,980円(税抜)最低4回以上

    この商品への口コミ

    • 飲み始めてからお腹のぽっこり具合が減ってきた感じがします!

    • デブ菌を減らすというキャッチコピーに惹かれて購入して1ヶ月くらい。食べすぎても太りにくくなった気がするかも?

    • ヨーグルト風味で飲みやすいし、コスパも良いので続けやすいですね。

    詳細はこちら

どのサプリにも言えることですが、飲んですぐには効果は出ないため、まずは3ヶ月の定期購入をしてみるのがおすすめですよ。
関連記事はこちら